鼻ほじ顔
タクシー乗ってていろいろな経験をされたと思いますが、良い思い出悪い思い出教えて下さい。
それでは悪い思い出というか苦い経験というか嫌なイメージが残っている事をお話しします。

タクシーを長くやっていると良い思い出よりも、嫌なイメージの思い出の方がインパクトが強くて残っているものです。

最強のタクシー専用求人サイト

\最強のタクシー専用求人サイト/

タクシー運転手をやっていると嫌な事も

例えば、朝の通勤ラッシュで急いでいるOLを乗せ目的地に向かっていると・・

『飛ばせ飛ばせ間に合わない!!』

と言われ、挙げ句の果てには赤信号で停まったら・・

『なんで停まるんだよ!行けよ!』

なんていう事を言われ続けました。

正直、早く降りて頂きたかったです。

お金なんていらないから別のタクシー乗ってと言いたい気持ちがありましたが、言ったら終わり。

圧倒的にタクシー運転手はお客様神様みたいな風潮の中、業務を行わなければなりません。

わがままなお客様や、一般的に常識のないお客様いらっしゃいます。

でも、300人に1人ぐらいの確率なので安心してください!

そういったお客様に当たったら300分の1引いたぐらいの気持ちで切り返えが大事になると思います。

とんでもない事態に遭遇する事も

あと1番厄介だったのは、おっきい方のお漏らしをされたお客様ですね。

乗った瞬間から『なにか臭うな』とは感じて運転していたものの、普通に支払いをして降車されて後ろを見たらビックリ!!

後部座席がトイレ化してました。

今でこそ笑い話ですが、当時金曜日23時もうそれから営業が出来ない状況にされ、尚且つ清掃作業して地獄のようでした。

ここでは書ききれないぐらいいろいろな経験をしてきましたが、良き思い出もたくさんあります。

嬉しかった話

それでは良い思い出というか良いお客様の話をします。

忘れもしません、タクシー運転手になって半年ぐらいたった日の事です。

夕方、五反田で無線を取りました。

あまり有名ではないビジネスホテルでした。

そのお客様は見た目70代ぐらいのおばあちゃん。娘と2人で乗車されました。

目的地は飯田橋。

想像よりも遠くてまあまあ喜んで発進しました。

道中いろいろな世間話をしながら進行して、飯田橋に着きそうになったら娘さんが『お母さん電車で帰るの可哀相だからこのままタクシーで帰っちゃいなよ!』

おっこれはまだ実車が続くラッキーと思っていたら息つく間もなく『運転手さん長瀞までお願いします!』

『長瀞?』

『お客様すみません。あまり道に詳しくないもので、住所教えて頂きナビを入れさせて頂きます』と言い、ナビを入れたらビックリ((( ;゚Д゚)))

確か走行距離が90キロぐらいありました!

ナビにて進行していきましたが、首都高が事故で渋滞していたり、お客様が頻繁にトイレに行きたがる感じでしたのでしばらく下っ走りで進行しました。

なんやかんやでお乗せしてから3時間ぐらいで到着し、高速料金含めて45,000円でした!!

そしてまさかのチップ5000円!!

もうなにがなんだかわかりませんでした。

東京に戻って22時半。

その時点で込み85,000円ぐらい。

そしてその日は早めに帰庫しましたが初の12万超えを記録しました!

嬉しかったですね~!

そんな良い思い出があります。

おすすめの記事