はじめて都内でタクシー運転手として働く方のほとんどは道を知りません。

バスやトラックの運転手をされていた方でも、幹線道路は知っていても詳しくはしらないものです。

では、どうすれば道を覚える事ができるのでしょうか?

最強のタクシー専用求人サイト

\最強のタクシー専用求人サイト/

初心者タクシードライバーが道を覚えるには

誰もが初めは素人でスタートしたということです。

私が先輩から進められた道の覚え方は、とにかく流せ!!という事でした。

この業界の専門用語で仕事の仕方として【つけ待ち】【流し営業】というものがあります。

タクシーという仕事は、いかに効率よくタクシーを利用したい人を拾えるか?に掛かっています。

つまり、経験と直感から乗客が居そうな場所を導き出し、時間効率を極限まで高める仕事だと言っても過言ではありません。

つけ待ちって何?

つけ待ち

つけ待ちとは、駅やホテルや病院のタクシー乗り場で待機して営業する方法です。

よく駅でスポーツ新聞見ながらタバコ吸ってる運転手を見かけた事があると思います。

つけ待ちを否定するわけではないですが、私自身限られた時間の中で順番待ちをして駅から近距離(単価の安い)のお客様を乗せるなら、近距離でも流して実車率を上げたほうが良いという考えです。

つけ待ちイメージ

待ってるだけでは稼げない!!

もちろん時間帯、天候、曜日などでつけ待ちも計画的に行えば良い結果に繋がると思いますが、私が言っているのは極端な話で1日中つけ待ちでは稼げないということです。

タクシーの営業 「流しとは」

流しで客を拾う

流し営業とは、繁華街や駅周辺をその名の通り、走りながら営業することをいいます。

新人のうちは、とにかく流してお客様を乗せていさぎよく道を聞いて仕事することによって、新人運転手の勉強にもなります。

また、お客様にとっても不要な料金を支払わずに時間通り目的地に到着できるという事です。

絶対やってはいけないのが、知ったかぶりです!!

道知りもしないのに、曖昧なまま発信し、遠回りしてしまう!

これが1番クレームにもなりますし、会社での運転手の評価を下げる事になります。

とにかく潔く道を訪ねる!!

これに尽きます。

おすすめの記事