タクシー会社によって様々な勤務時間がありますが、タクシー運転手は給料の目標によって好きな勤務形態を選択できる点が特徴的。

日勤・夜勤・隔日勤務

家庭事情なんかも考えて選ぶのがいいと思います。

私個人の主観でも含みますので、あくまで参考程度に読んで頂ければな~と思います。

タクシー運転手は、自分に合った時間帯を選んで働けるのか~

どの時間帯が良いか考えてみようかな!

最強のタクシー専用求人サイト

\最強のタクシー専用求人サイト/

日勤(8時~17時、月24日勤務)について

日中タクシーイメージ

日勤で勤務される方に多いのが、定時制(月15日勤務)で働く60歳以上の方々。

60歳まで9時~17時のサラリーマンとして第一線で活躍されていた方々が中心ですね。

そういった方々が今までの生活リズムを崩したくないという理由で日勤をされる方が多いです。

あと意外と多いのが夜の『酔客』が嫌で(過去にヒドイ経験をされた方々)や単純に酔っぱらいの相手するぐらいなら昼間シラフのサラリーマンを相手に接客してお金を稼ぎたいという方々ですね。

タクシー日中イメージ

総じていうと、日勤はタクシー業務の中で一番稼ぎ辛い時間帯に勤務していることがあり、収入面では一番低いイメージがあります。

時間&収入に固執しない方で生活リズムを大事にしたい方にオススメですね。

その他の勤務体系については別の記事にて紹介しています。

※夜間に働いてバリバリ稼ぐ夜勤スタイルの記事はこちら↓↓

 

※タクシー運転手ならではの勤務形態「隔日勤務」の記事はこちら↓↓

とある運転手日勤(昼勤)のタイムスケジュール

タクシー運転手の一日

  • 6:00

    起床
  • 6:30

    身支度を整え会社へ
  • 7:00

    会社に到着

    免許証&アルコール検査をして点検紙を受けとり、その日に担当するタクシーを点検する。

    (担当車があれば毎回同じ車だが、最初のうちは毎回別の車を割り振られる。)

     

  • 8:00

    点呼

    前日の事故&違反などを聞き、気を引き締める。そして一服して出発。

     

  • 8:30~11:30

    仕事開始

    朝の通勤ラッシュのお客様をバンバン乗せる。

    朝は明るくハキハキとした接遇を心がけると運転手&お客様ともにいい気持ちで1日をスタートできる気がする。

     

  • 11:30~13:00

    遅めの朝食と昼食いっぺんに取る

    コンビニでお昼を取る場合は12時になると駐車場もいっぱいになるため11時30分に行くことがポイント。

    ゆっくりコンビニ駐車場で休憩。

    (長時間駐車していると文句を言われる場合があるので、30分ぐらいしたらご自分で決めた日陰のある停めやすいところに移動するのもあり)

     

  • 13:00~

    仕事再スタート

    眠くなるがここが1日の頑張りところです。15時までノンストップで流しまくる!

     

  • 15:00

    コンビニで小休止

     

  • 15:15

    仕事再スタート

    会社に戻り方向での営業を心がけると帰りの効率が良い

  • 17:00~

    帰庫

    納金前に謎のアルコールチェック。

    そして納金。

     

  • 17:15~

    洗車

     

  • 18:00

    帰社

     

  • 18:30

    自宅到着

    ここから自由時間(アルコール好きな方はここで軽く飲みますが、日本酒などで深酒すると次の日アルコールチェックで引っ掛かり、罰金二万、三回でクビになります。

    会社によって処罰は違いますが、たぶん厳しい事には違いありません。この業界で長く働きたければ軽く晩酌程度に済ませましょう。)

     

  • 23:00

    就寝

日勤の仕事は、規則正しい時間で働けるわけか~
 
割増料金の時間には帰宅してる分、給料が低くなるのがデメリットだな。
 
体調とか収入を考えて決めるとよいかも。

おすすめの記事