前にタクシー運転手は誰にでも成れるみたいな事言ってたけど、実際面接で落ちるって事はあるのかな~。
もしあるなら、落ちる人の特徴を知りたい!

基本的にはやる気さえあれば採用されるのがタクシー会社です。

異業種からの転職があたりまえで、深刻な人材不足が懸念されているのが、タクシーという仕事ですから。

ただ、絶対に落ちないとも言い切れません。

今回は、タクシー会社で不採用になりえるケースを考察していきたいと思います。

最強のタクシー専用求人サイト

\最強のタクシー専用求人サイト/

健康面で運転に支障をきたす持病がある方

健康診断

これはほとんどのタクシー会社であることですが、面接~健康診断という流れで問題が無ければ採用といった流れになっております。

もしここで問題があれば不採用、もしくは改善するのであれば保留といった形になると思います。

面接前にある程度健康面でも意識した生活を送っていれば問題なくいくと思います。

事故、違反経歴が著しく多い方

事故歴

これは会社によって判断が別れると思いますが、常識的にあと一点で免停なんていう状態の方や、過去に免許取り消しなどの経験がある方は、面接官にあまり良く思われないかと思います。

面接する前に会社に告げておくのがベストだと思います。

そこで嘘をついても、『運転経歴書』という物を準備するように言われるのでバレます。

刺青がある方

刺青

これは正直なんとも言えません。

実際入っている方も知っていますし、その方は人間性も素晴らしい運転手さんですし。

ただ半年に1回ある健康診断は会社で一斉に行われるケースがあるので、、、。

この条件に当てはまる方、これはあくまでも私の見解です。

聞いた話や調べた情報を元に書いていますのですべて正しいわけではありません。

タクシー会社の面接で不採用な特徴まとめ

不採用

健康に不安や、免許に不安、職歴に不安、いろんな人生を歩んできた方々いっぱいいらっしゃいます。

ここでひとつタクシードライバーになって人生の軌道修正してもいいし、とりあえずタクシー運転手になって新たな道を模索するもよし、いろんな道を考えてタクシードライバーになってもマイナスにはならないと思います。

初めてのタクシー会社を選ぶ方法は以下の記事でまとめております。

おすすめの記事